2005年11月30日

からだを温める食物

このところめっきりと寒くなってきましたね。
冷え性の方にはつらい季節です。実は私も冷え性で早くも春が来るのは待ちわびています。
そんな冷え性の方に良い食事として
からだを温めるにはたんぱく質とビタミンEが有効です。
たんぱく質は魚、肉、卵、大豆製品等に多く含まれます。
また血行をよくするにはビタミンEが有効で、植物油、ゴマやアーモンドなどの種実類、うなぎ、タラコや緑黄色野菜に多く含まれています。

からだを温める作用のある野菜としては
にんじん、かぼちゃ、ねぎ、たまねぎ、にらなどが良いそうです。

逆にからだを冷やす野菜としてはキュウリ、トマト、ナス、セロリなどが挙げられます。
これらの野菜は一度火を通すと、冷やす力が薄れるそうです。

これから寒さもいっそう厳しくなりますのでからだを温める食物をいっぱい取り風邪なんかに負けないよう寒い冬を乗り切りましょう。
posted by 2児の子を持つおやじ at 15:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

病気の情報サイト

Yahoo!Healthcare(ヤフーヘスルケアー)というサイトをご存知でしょうか?
病気に関する事が載っているサイトですが結構役にたつ情報がたくさん載っています。

家庭の医学として、主な症状から病気を探す、日頃から気をつけたい病気、また薬の情報としてはありとあらゆる大衆薬(いわゆる薬局で売っている薬)、処方薬が作用、副作用、成分、値段などが記してあります。

病院情報も全国の病院が、診療科ごとに全て(登録されているものだけでしょうが)載っていますみなさんも1度ご覧になると、いざという時に役にたつかもしれません。



Yahoo!Healthcare
http://health.yahoo.co.jp/index.html
posted by 2児の子を持つおやじ at 08:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

愛煙家(タバコを止められない男が書いています)

近年タバコを止める人が急速に増え、喫煙人口も減少傾向にあり、また、禁煙活動も進み公共の場でなかなかタバコが吸いづらい世の中になってきてしまいました。駅、スーパー、イベント会場等、ほとんどが禁煙です。
会社の中でも結構タバコを止める人が多く、隅でこそこそ周りに気を使いながら吸わなくてはならない状況です。
また道路でさえ禁煙の区域が増えてきています。喫煙場所を決め所々に灰皿を設置すればいいと思いますが、それさえ設けてはいないようです。タバコのポイ捨てを無くそうと思うなら喫煙場所を設置した方が良いのではないかと思うのは私だけでしょうか?
とは書いてみても世の中は今、禁煙の方向に向かっているのは確かなので私も禁煙に挑戦しようかと思います。しかしそうは言ってみてもなかなか止める決断をするのは難しいのでタバコの害について調べて見ました。

まずタバコを吸っているか吸っていないかで死亡率の比較ですが吸っている人は吸っていない人と比べて死亡率が下のような結果になるそうです。

クモ膜下出血 1.8倍
咽頭ガン   32.5倍
食堂ガン   2.2倍
肺ガン    4.5倍
肺気腫    2.2倍
肝臓ガン   3.1倍
胃ガン    1.4倍
胃潰瘍    1.9倍
子宮ガン   1.6倍 等

次にガンによる死亡率の中でも最も多い肺ガンの死亡率ですが


非喫煙者を1.00とした相対危険度(倍率)を一日に吸うタバコの本数別に調べると以下のようになります。

時々喫煙 1.8
1〜9(本)2.2
10〜14  2.7
15〜19  4.8
20〜29  4.9
30〜39  6.1
40〜49  7.4
50以上  15.3

このような結果が書いてありました。やはりタバコを百害有って一利なしと言われているとおり数字の上でもはっきりとしています。

数字の上ではやはりタバコは悪いと分かるのですがいざ止めるとなると、難しいものがありますね。

また数字といえば1日に1箱タバコを吸う人は1箱270円として、1年間で98550円、約10万円、10年で約100万円も煙になっているのです。
どうです、止める気になりましたか?
posted by 2児の子を持つおやじ at 09:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

有機ゲルマニウムについて

最近巷ではゲルマニウムなるものが話題になっており、私の会社でもブレスレット、ペンダントをしている人を見ます。(他にも有機ゲルマニム水、ゲルマニウム温浴とかあるそうですね)

何が良いのか聞いて見ると肩こりが治ったとか体が軽くなったとか、良く眠れるようになったといいます。そこで少し興味を有機ゲルマニウムについて調べてみました。

ゲルマニウムとは32番目の元素Geで32個の電子を持つ亜金属の半導体。
サルノコシカケ、高麗人参、山豆根、田七人参などに多く含まれる漢方薬の原料となるそうです。

また効能ですが下に挙げるものがあるそうです。

病気やストレスは酸素欠乏から起こることが現代医学でも証明されていますが、
この酸素を体内に著しく増大させる性質をもっています。

インターフェロンは脳腫瘍や骨髄腫、成人T細胞白血病など、ある種のガンに対して、かなりの効果があるとされていて、有機ゲルマニウムはこのインターフェロンを誘発させる働きがあり、ガンに効果的です。

人間の体内には微量の電流があって神経細胞が体内に異常が発生したときに異常な信号が流れるようになっています。この異常な電流が肩こりや腰痛、神経痛などを引き起こします。
独自の電子特性を持つゲルマニウムの電位差がこの異常電位を正常に戻し肩こりなどを治します。

等他にも血液をサラサラにするとか腎臓ガン、子宮ガンが治ったとか書いてありました。


そんな万能な物があると信じがたいのですがブレスレットなら1万円くらいなので私も腰痛で悩んでいる一人ですので1度試してみようかな?

試したらまた報告します。
posted by 2児の子を持つおやじ at 09:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。