2005年07月07日

七夕の夜

今日7月7日は七夕ですね。全国的に雲の多い天気で空を見上げても星を見ることはできないかもしれませんね。

七夕の夜には年一回織姫と彦星が1年に一回だけ会うことができるとして有名ですがこの伝説は中国で生まれました。

天の川のほとりにひとりの働き者の天女が住んでいて恋もせず毎日機織りに精をだしていましたそんな娘を不憫に思った天帝が天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させました。
結婚してからの二人は働きもせず毎日遊んでばかりでいました。
そんな二人に腹を立てた天帝が二人を引き離し元の天の川の西と東で機織りと牛飼いに戻してしまい
心を入れ替え一生懸命働くなら1年に1度7月7日の夜に二人を合わすこと許しました。
それ以来二人は1年に1度会うことを励みに一生懸命働きました。これが七夕の伝説です。

なにか現代の遠距離恋愛に似ていますね。彼女と彼氏が離れて別々の所で働き1年に1度ではないですが年に数回会う。 私は遠距離恋愛というものはしたことはないですが織姫と彦星みたいでなんかロマンティックですね。

人気blogランキング
posted by 2児の子を持つおやじ at 09:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4893508

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。