2005年05月30日

双子山親方(元貴ノ花)の死去

二子山親方(元大関貴ノ花)が30日口腔底がんのため亡くなられたそうですね
貴ノ花親方は私の小さい頃、相撲をみるきっかけになった力士です。100キロそこそこの小さい体で大きい力士を投げ飛ばし、実に爽快でした。
また75年春場所で当時圧倒的な強さを誇っていた北の湖を破って初優勝したのは今でも鮮明に覚えています。

現役を退いた後は若貴の2人の横綱を育てあげ、最初は順風満帆にみえましたが、後に貴ノ花との確執、典子夫人との離婚などいろいろ気苦労が絶えませんでした。せめても救いは貴ノ花と確執がとけたことくらいですか

今後は貴ノ花が立派な親方になり、外人力士が背負っているこの相撲界になんとか日本人の大横綱を誕生させ、再び若貴時代のように盛り上がる相撲界を作っていってもらいたいものす。
それが双子山親方に対して、一番の供養になるのではないかと思います。

こころからご冥福を祈ります。
posted by 2児の子を持つおやじ at 22:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。