2005年05月26日

細木和子の性教育に関する発言

一昨日、細木和子のズバリ言うわよという番組で子供の性教育について論じられていた。
裸の人形を使い男と女の行為を教えるのだそうだが、一部の学校では小学校の1.2年生から教えているそうなのです、それについて必要かどうか、会場のパネラーは6割が低学年から必要と答えたのが、細木は断固として教える必要はない理性も判断力もない低学年には、読み書き、計算などが手一杯で、子供の頭の許容範囲を超えている、まだ、大人のセックスを教えるには早すぎるしもっと夢のあることを教えるべきだ。こん学校教育は私は命をかけてぶっ潰すというようなことを述べていたと思う。

私も女房がこの番組を見ているので、普段はインターネットでもしながら、ざっとしか見ていなかったがこの日ばかりは見入ってしまった。
私にも小学校1年生の女の子がおり、学校でこんなことを教えられているのかと思うとぞっとする。会場のパネラーの人は小学校低学年の子がいないので6割の回答になったと思う。
また興味本位でセックスを体験し、傷ついた子供を細木はごまんと見てきたそうだが本当にセックスの低年齢化がすすんでいるのは、そういった学校教育に責任があると思う。

細木は命をかけてこの教育をぶっ潰すといっているが本当にできるのか、この放送がたくさんの人が
見て反響が大きければ問題にもなると思う。またその反響を少しでも広げる為に今日はこのブログを
書きました。

みんなでこの学校教育を変えよう!

人気blogランキング
posted by 2児の子を持つおやじ at 09:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3910259

この記事へのトラックバック

はい、こんばんは〜☆
Excerpt: おとうさん、心配でしょう。 ほんとうに、必要ないと思います。 大人が解決しなければいけない問題が先送りになって、子供を皺寄せが来ていると思います★ 今まで大切に育ててくれた親に、改めて感謝してい..
Weblog: lumiere douxce ほのぼのOLひろこの恋愛日記
Tracked: 2005-05-26 20:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。