2005年05月16日

愛煙家(タバコを止められない男が書いています)

近年タバコを止める人が急速に増え、喫煙人口も減少傾向にあり、また、禁煙活動も進み公共の場でなかなかタバコが吸いづらい世の中になってきてしまいました。駅、スーパー、イベント会場等、ほとんどが禁煙です。
会社の中でも結構タバコを止める人が多く、隅でこそこそ周りに気を使いながら吸わなくてはならない状況です。
また道路でさえ禁煙の区域が増えてきています。喫煙場所を決め所々に灰皿を設置すればいいと思いますが、それさえ設けてはいないようです。タバコのポイ捨てを無くそうと思うなら喫煙場所を設置した方が良いのではないかと思うのは私だけでしょうか?
とは書いてみても世の中は今、禁煙の方向に向かっているのは確かなので私も禁煙に挑戦しようかと思います。しかしそうは言ってみてもなかなか止める決断をするのは難しいのでタバコの害について調べて見ました。

まずタバコを吸っているか吸っていないかで死亡率の比較ですが吸っている人は吸っていない人と比べて死亡率が下のような結果になるそうです。

クモ膜下出血 1.8倍
咽頭ガン   32.5倍
食堂ガン   2.2倍
肺ガン    4.5倍
肺気腫    2.2倍
肝臓ガン   3.1倍
胃ガン    1.4倍
胃潰瘍    1.9倍
子宮ガン   1.6倍 等

次にガンによる死亡率の中でも最も多い肺ガンの死亡率ですが


非喫煙者を1.00とした相対危険度(倍率)を一日に吸うタバコの本数別に調べると以下のようになります。

時々喫煙 1.8
1〜9(本)2.2
10〜14  2.7
15〜19  4.8
20〜29  4.9
30〜39  6.1
40〜49  7.4
50以上  15.3

このような結果が書いてありました。やはりタバコを百害有って一利なしと言われているとおり数字の上でもはっきりとしています。

数字の上ではやはりタバコは悪いと分かるのですがいざ止めるとなると、難しいものがありますね。

また数字といえば1日に1箱タバコを吸う人は1箱270円として、1年間で98550円、約10万円、10年で約100万円も煙になっているのです。
どうです、止める気になりましたか?
posted by 2児の子を持つおやじ at 09:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3666829

この記事へのトラックバック

愛煙家、禁煙家、どちらもヨロシク!!
Excerpt: どんどん肩身の狭くなる「タバコ」ですが、悩んでいる人・困っている人、たくさんいるみたいですね。喫煙・タバコって、大きな社会問題ですもん!!じっくり考えてみませんか?トラックバック・コメント・リンク大歓..
Weblog: 喫煙・たばこ vs 禁煙・嫌煙 ブログ
Tracked: 2005-05-16 17:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。